今日は改修中の古民家に納める古民家耐震パネル型面格子壁の制作をしています。

組み合わせる木材一つ一つの性質や表情を見て、大工職人が細かな手加工を施します。

 

福井県では古民家に対する耐震診断・改修の支援制度があり、少しずつその重要性が広まってきています。(制度の内容は市町によって異なりますので、お住まいの市町にご確認を。)

福井県木造住宅耐震化促進事業(耐震改修)のページへ

古民家鑑定・床下インスペクション、耐震診断を終えて補強が必要と判断された古民家は、面格子壁や制震ダンパーを使って耐震改修を行い、改修が完了したら再度 耐震性能を診断します。

若狭の大工職人によってつくられた面格子壁が、古民家の活用・保存に繋がっていきます…!